過去を捨てるということ~留学が中止をどのように乗り越えるのか?

f:id:tonylife:20210908212921j:plain

 前のブログを見ればさんざん私がコロナで留学に行けなくなったという話をし、気持ちを切り替えるということが書いてあることがわかると思うが正直まだ気持ちの整理がついていない。

 

どんなに頑張っても自分が辛い状況になるとそのことを思い出してしまい、環境のせいだからと自分を正当化したり、自己嫌悪を抱いたりする。そのため、一年間留学プログラムの研修のメールや書類など可能な限り削除した。

 

やはりふとした時にそのメールや書類を見ると悲しくなり、時代を恨んでしまう。

いつかはそれを乗り越えなければならないのだ。では、どうやって。私には圧倒的な理不尽を感じるこの出来事をスポーツ選手のようにチャンスと思って乗り越えることは現在の時点ではいまだ無理だと感じた。

 

そのために行ったのが極力留学を思い出させるメールや書類などを捨てることにしたのだ。ものすごいメンタルの持ち主だったらこんなことはしなくても平気だっただろう。前向きに努力を続け、望みをかなえるのだ。

 

しかし私には無理だ。不可能に近い。コロナがなければ、留学費用を何とも思わないほど裕福な家庭に生まれていたら…そんなことを考えてしまう。留学から帰ってきた一個上の先輩が同じ学年にいてその人達を見ると一年間行ってたら人生が変わったはずなのに……など考えてしまう。

 

だが、今は努力を続けるしかないのだ。そいつらを超えなきゃいけないのだ。今はどんなに馬鹿にしたような目で見られても耐え忍び勉強をしなければいけない…

 

結果が出ないと嘆いているが、死ぬほど努力をしたのかといわれるとしていない。

死ぬほど努力していないなら、まだ自分は頑張る余地があるのだ。だからやろう。やり続けるのだ。

note を始めました!

f:id:tonylife:20210906224213j:plain

無料のブログサイトの多くが気軽に始められるため使いやすい一面もあるがデメリットが存在する。

 

それはブログの運営者のルールに従わなければならないという点だ。

要は制限が厳しい場合がある。サイト内の秩序を保つためや、勝手に収益を得ようとするのを防ぐという役割を持っている一方、自分の言いたい気持ちを伝えられなかったり本音を書くのが億劫になってしまうことがある。

 

私の人生を豊かにするという目標の中には、欲をコントロールすることが入っている。

欲を自分で調節することで無駄な時間を減らし、健康的な生活にもなってくるだろう。その中でも特に私が意識しているのは性欲のコントロールである。しかしながらこういう話には少々淫乱な話が混じることがある。

 

このサイトを見ると、そのような記事の中にアカウントが制限されたなどの体験が書かれていたことがあったため、躊躇したのだ。そこで何かほかのサイトがないか探した結果このサイトを見つけたのだ。

 

勿論note でもそういう話がok という話ではないがこのサイトと比べて欲を制限するというブログの数が多いと感じたためそのサイトで性欲を制限するブログを書こうと決意したのだった。

 

新しく立ち上げたサイトはこちら

 

人生をよくするために一緒に頑張りたいと思う人がいたらぜひご覧あれ。

 

現状を知る!~日記編

 

tonylife.hatenadiary.com

 

f:id:tonylife:20210904203402j:plain

自分の夢や目標も決めた!その目標の細分化も済んだ!そこまでできた人は今度は

現状を知る

という行動に入りノートに書くことをする。前回と同じ例を使って考えてみよう。

Ex.)英語を習得したい。

英語を話すことができない
英語は話せないとはどのくらいしゃべれないのか?↓
自己紹介や何が好きか、何歳かなど質問ができるが自分の言いたいことが言えない。
なぜ言いたいことが言えないのか?↓
reason1言いたいことがあっても英単語が出てこなかったり文法がわからない。
reason2緊張してしまう。
日本人としゃべっても平気なのに英語だと緊張するのはなぜか?↓
外国人としゃべる機会が少ないから。

現状をこと細かく書き記すことで自分の夢に足りないものは、上記の例では主に二つの理由が出てきた。同じ英語ができるようになる目標でも他人によってその内容は異なるのである。

 

この現状を知らないとおきるもんだいがある。この例でいうと英語の教科書や市販で売ってある英単語の本を買い、初めから勉強するということだ。確かに英語の教科書はテスト対策で多くの人は買うかもしれない。でも自分の目標とは違う。

 

テストであれば幅広くいろんな単語を知っている方が圧倒的に便利だろう。しかし考えてほしい。自分の言いたいことをいうという目標の中にその単語は必要だろうか?外国で人を笑わせるという目的のために社会問題の単語など覚える必要があるのだろうか?

 

東大生がこの本を紹介してるからこれをやっておいた方がよいだろうとか、有名な人がこの文法を暗記しようと思っている人などはいつまでたっても自分の目標に近づくことはできない。

 

つまりここで重要なのは自分に必要な勉強をするということなのだ。外国人としゃべる回数が少ないから英語が喋れないという問題があるのに教科書をよむということは今回の現状を知るということができていないから起きるのである。

 

現状を知るということはいわば目標までの最短ルートをしるということだ。私たちの人生は限られている。闇雲にかたっぱしからやっていくなど不可能に近いのだ。無駄をなくすということが大切なことである。必要な無駄を作るためにも無駄を省くことは必要なのだ。

 

無駄は個人によって異なる。必要な無駄というのは世間一般で言われている無駄でありながらも自分には必要なもの。こういう無駄を残すためにも、他人が必要と感じているが自分の目標と関係のない無駄を省くことが大切なのだ。

 

 

 

人生を変える行動~日記編

前回:人生を変えるためには

f:id:tonylife:20210903195716j:plain


日記といえどもただ単に自分の好きなことを書けばいいのではない。そんなのを書くのはせいぜい小学校の夏休みの宿題と同レベルであろう。私たちが目標としているのは人生を変えるということだ。自分の怠惰で、憂鬱な人生に風穴を開け、新しい風を吹き込む。現状で満足するのではない。私たちは前に進むことが必要なのだ。現状に満足していたら心の底から湧き上がるあの輝き、幼いころに見たあの感動などもう二度と感じることなどできないであろう。

では日記の取り方を説明していこう。日記というよりも人生を変えるためのノートだ。

まずすべきことは、自分の人生の目標を一枚目のページに大きく書くということだ。

ノートに書くことによって自分の潜在意識に刷り込んでいく。まず大きな目標。

例えば貯金を5000万ためるや、新たな言語を習得するなどなんでもよい。ここでポイントなのは自分の思い描いている理想の像を細かく思い出し、記述していくことだ。

次に重要になってくるのは、自分の目標を細分化していくことだ。少しわかりずらいので次の例を使って考えてみよう。

Ex.)英語を習得したい。

目標:英語を習得したい
英語ができるとカッコいいから
どうしてそう思ったのか?↓
reason1外国人がしゃべっているのを見てカッコいいと思ったから。
reason2知り合いに英語のネイティブがいてもっと会話をしたいから。
英語を習得するとはどのくらいなのか?↓
自分で道案内できたり外国人をギャグで笑わせれるレベル
その目標が実現したらどうするのか?↓
海外に行って自分の英語が通用するのか挑戦する

まず自分の目標はなんなのか、どうしてその夢を実現したいのか、その目標が達成したらどうするのか、までこと細かく自分の夢を細分化していく。

次回:現状を知る! 9月04日更新予定

追記:記事を更新しました!

 

tonylife.hatenadiary.com

 

begin

tthis is my first blog in my life .

covid 19 started and I thought my life did not goes on well .I started this blog for change my life . It does not change anything even I did blame others. I need to change myself . 

I am just usual people. I don't have any special skills and I  am not handsome . There are lots of people in the world  who  have talent people , handsome and beautiful people , genius etc. 

I need to effort many times harder than other people's for win to these people's. Before you read this blog , please let me tell a little bit about myself . 

MY PROFILE 

  • I AM JAPANESE 
  • I AM 16 YEARS OLD 
  • I passed the study abroad program but it canceled by COVID19
  • I HAVE 3 SIBLINGS AND I'M YOUNGEST 

I will talk about study abroad in next time . I am still learning english so I can't write  perfect  English  so please understand if i make mistake . I don't have talent so I have to effort .  

end

人生を変えるためには

f:id:tonylife:20210903215310j:plain


 現代、多くの人がスマートフォンアイパッド、パソコンなどの端末を使用して多くの人の生活に密接にかかわっている。それはまるで自分が操作しているようであたかも端末に支配されているように。これは現代が抱える大きな問題である。確かにインターネットは便利だ。ゲームや仕事、買い物もできてしまう。一日でどのくらいの時間をスマホに費やしているだろう。確かにネットは必要だ。他人とコミュニケーションをとる。朝のアラーム。仕事の予定を入れる手帳としての役割を果たしている。

私が言っているのは決してネットを使うなと言っているのではない。勿論使そもそもそんなことはほぼ不可能に近いと私は考える。人間は弱い。自分で制御しようと思っていてもなかなかやめることはできないし、やめたところで一度怠惰で使ったらもう歯止めがきくことはないだろう。布団やベッドで横になって休んでいるときや電車のなか、中にはお風呂場でも使う人もいるだろう。これはどこでも自由に使えるというスマホの翁メリットでもある一方、大きなデメリットが存在する。それは、

メリハリをつけるのが難しい

 ということだ。いつでも見れるということが逆にどこで終えるべきかタイミングを失い、後でできるという安心感と怠惰な気持ちでいつまでたっても仕事が終わらない。勉強がスタートできない、という状況に陥る。人生は十人十色であるから一概に断定するようなことは言えない。しかしいくつかのポイントを押さえ、適切な努力を始めることができれば人生はより良いものにすることができると私は考える。

今回のテーマはその人生をよりよくするための一つであるのだ。今回の第一歩は

「紙に日記を書く」

である。ではなぜ紙に書くことにこだわるべきなのか。ネットの方が圧倒的に便利ではないか。紙に書くなどめんどくさい!でも先ほど言ったことをよく思い出してほしい。私たちの生活にはメリハリが足りていない。スマホをまるで何かにとりつかれたように見続け怠惰な生活を送っている。紙に書くということは椅子に座り、ノートを取り出し、ペンを持つ。日記を書く前に当然ながらこの動作を挟む。横になりながらスマホをいじるという行動に区切りをつけメリハリをつけることができる。

 この日記を書くうえで我々の敵となるのがモチベーションである。ほとんどの人は三日坊主で終わってしまうことが多い。ではこのモチベーションを保つコツを一つ紹介しよう。それは少しだけ高いノートを買うということだ。通常ノートは一冊100円程度だが少しだけ高いノート、200円のノートでもいい。実際私は200円のノートを使っている。これは自分への将来への投資と思えば安いものだ。この少し高いノートを買うという行為はとても効果的である。人間は損失を無意識に回避しようという行動心理が働くのだ。疑わしいのであればネットで検索してもいいだろう。

まずは行動することだ。行動しなければ何も変わらない。進歩がなければ現状維持ではなく後退していくのだ。次回は日記の取り方を説明していく。

ここで何もせずにただほかのサイトを見て行動もしないのではなくできない者は結局何事も達成せずにだらだらと年だけ重ねて一生を終えるのだろう。変えるべき機会は今この記事を読んでいる目の前に転がっているのに、変わるなら今なのだ。明日などない。

次回:人生を変える行動~日記編

 

 

tonylife.hatenadiary.com

 

 

 

4&5番目の海外に移住する&世界中すべての国に行く。 完結編

f:id:tonylife:20210903212421j:plain



まだお読みになっていない方はこちらのその1からどうぞ

 

 ブログの広告収入や、株式投資などの資産運用をしながら起業し、旅をしながら尚且つブログなども書いていくようにし、世界一周をする。

 前回このようなことをブログに書いた。多くの方は非現実的に感じるかもしれない。だが私は、ちゃんとした手順を踏めば可能だと考えている。

私は将来的に会社を早期退職をし、会社を企業することを目標としている。皆さんは「FIRE」という言葉をご存じだろうか?FIREとは「Financial Independence, Retire Early」を訳したもので、経済的自立、早期退職という意味がある。これを目指し、企業することで今回の無謀と思えるような夢も実現をすることができる。

そもそも、勤め人を続けながら私の目標のような世界中すべての国を行くというのは少し難しいと感じる。まず初めに時間の問題だ。世界には196個もの国がある。一年に長期休暇を使っていくとしてもその国の文化や食事、建造物などまで楽しもうと思ったら、一年に行ける国の数は3~4か国程度だろう。しかも毎年いけるわけではない。仮に年に5か国行けたとしても途方もない時間がかかることとなる。そうするとなると会社を退職後に行くというのが妥当な考えだろう。最近では退職年齢も年々上がってきており、また病気などでいつ中止になるかもわからない。

次に問題となるのがお金の問題だ。先ほどと同様勤め人の場合を考えてみよう。現在ではテレワーク化がコロナウイルスによって急速にその割合が増えてきたが依然として不十分である。突然会社のトラブルで出勤しなければならないときもあるだろう。そのため、テレワークになりつつある会社でも、海外に行きながら仕事をやるというのは非常に難しい。しかし、自分で独立しているなら話は別だ。企業に依存する必要はない。また海外に行っている間にも収入を得ることができるだろう。

勿論デメリットも存在する。会社では、職種などにもよるだろうが、給料は働いた分だけもらえる仕組みになっている。しかしながら自分で資産運用や、企業などをしている人は収入が一定ということはなかなか難しいだろう。この問題を解決する方法は自分で手探りで探していくしかない。

以上多くのことを踏まえると今回話は私の夢には「FIRE」が必要であり、企業もすべきだと結論付けた。

次回:人生を変えるためには

 

 

tonylife.hatenadiary.com